スポンサードリンク
スポンサードリンク

2015年11月10日

韓国ドラマ-プロデューサー-あらすじ-4話5話6話-最終回まで感想あり

韓国ドラマ-プロデューサー-あらすじ-4話5話6話-最終回まで感想あり


まずは、プロデューサー あらすじ 1話2話3話 感想から

※ネタバレ含みます。

ついにスタートを切りました!
韓国の芸能局=日本でいうところの芸能界の放送局を舞台に繰り広げられる本作。
初回から波乱含みのプロデューサー。
アクシデントや韓国ドラマ定番のドタバタ劇が目白押しで、
目の離せない展開が続きます。
中堅PD二人&新人PD、人気歌手の織りなす物語は見応えがありそうですね。
これからも物語の行方を見守っていきたいです。

ありきたりなラブコメディと違うのは、実在のテレビ局を舞台に物語が展開し、描かれているところ。
番組制作の裏側など、番組に対する作り手側の思いや悲喜こもごもは、
視聴者側の私たちに色々な感情や疑問を投げかけてくるようです。
作りものでは表せない、リアリティに満ちたセットや韓国でおなじみの人気番組などの舞台裏は、
日本在住の私のような(よく番組を知らない)人間にも、楽しめることウケアイです。
ロマンスやアクシデントなどにもめげないひたむきな新人PDスンチャンの姿に
思わず応援の声を挙げたくなりますし、主演ですが親しみのあるキャラクターだと思います。

プロデューサー あらすじ 4話5話6話は・・・
「一泊二日」の番組の存続をかけ、動き出した面々。
一致団結して番組の危機から脱することは可能なのか・・・!?
スンチャンの恋の行方は・・・・?


韓国での最終回の視聴率は17.7%!!
毎話視聴率10%超え!


◆プロデューサー あらすじ 4話5話6話 はこちら◆
   ↓   ↓   ↓   ↓

スポンサーリンク

※韓国語を翻訳しているので、間違い等あるかもしれませんが、ご了承下さい※


【プロデューサー あらすじ 4話】

新米PD・スンチャンは、 泥酔して「ミュージックバンク」PD・イェジン宅でそのまま夜を明かす。
翌朝ちゃっかり目を覚ますも、当の本人(スンチャン)は、
イェジンにタメ口を聞いたり「一泊二日」PD・ジュンモとの仲を疑う発言をしたりなど、
昨晩の無礼な振る舞いはまるで記憶にない様子。
スンチャンは、イェジンとジュンモが同居中という事実を誰にも漏らさないと固く誓わされ、
イェジンから見張られるという憂き目に。
今回の一件(=スンチャンの傍若無人な行いのおかげ)で、イェジンとジュンモの仲に亀裂が入ってしまう。
イェジンは、今回の出来事に動揺の色が隠せない。
輪をかけるように問題は続く。イェジンは、歌手シンディーと先週衣装の事でひと悶着あり、
「プロデューサーなんて所詮裏方に過ぎない」という発言で物議を醸していた。
何とピョン代表の元にまでこの事が伝わり、事態は予想を上回る展開に発展。
そんな折、シンディーはスンチャンから差し出された傘を眺め物思いにふけったのも束の間、思いき
った行動に出る。事務所の取締役の制止を強引に振り切り、「一泊二日」への出演を承諾。

迎えた「一泊二日」撮影一日目。
シンディーは、他の出演者たちからの嫌がらせで一人取り残された形となり、そのまま現場に向かうつもりが、
ある目論見のもと目を付けたスンチャンとキャンプ地へと歩を進める。
そんな中、山への道中で道に迷ってしまい・・




【プロデューサー あらすじ 5話】

新たに幕を切った「一泊二日」新シーズン。
歌手シンディーは、撮影初日に、新人PD・スンチャンとリタイアしてしまう。
二人は、山の中を日が暮れるまで歩き通した。
スンチャンは、山で野宿するしかなくなったシンディーに気を遣いっぱなし。
シンディーは、?運試しゲーム”に挑戦するもあえなく失敗、スンチャンは、その日は何も食事を摂らせなかった為、後日「一泊二日」PD・ジュンモからからこっぴどく叱責される。
その上、ピョン代表は撮影現場にまで乗り込んでくる始末で、
ジュンモはイライラをスンチャンにぶつけてしまう。

その晩、「ミュージックバンク」PD・イェジンは、「一泊二日」チームの交流会に顔を出す。
イェジンは、スンチャンのお目付け役としてお酒の席に出たのに、
歌手シンディーと不意に遭遇し、「スッピンはまるで別人」とカチンとくることを言われたものだから、
お酒が進んでしまう。
イェジンは、2次会にジュンモとスンチャンを連れ出し、お酒の勢いも余って普段は胸の中に閉まっていたジュンモへの気持ちを思わず吐露。
けれど、ジュンモは次の日になっても普段と同じ態度のまま。
イェジンは、疑問に思いスンチャンを使ってジュンモの気持ちを確かめようと企てるが・・


【プロデューサー あらすじ 6話】

何度反省を重ねても、次々と起こる事故、絶えないトラブル・・!
スンチャンは、「ミュージックバンク」PD・イェジンがお酒の席で告白した「一泊二日」PD・ジュンモへの思いなど、
その一件をジュンモ自身は「どうやら?記憶にないようだ”」とイェジンに話す。
イェジンはほっと胸をなでおろしたものの、
ジュンモは、お見合いをしたなどとイェジンを翻弄するようなデマを言い出し、
イェジンはジュンモの嘘を見破り、二人は口論に。

そんな折、イェジンは「開かれた音楽会」PD・ホンスンと共同演出による依頼を受け、
新米PD・スンチャンも同じ特集番組に選出。
歌手シンディーのスタンバイを受け持つことに。
けれど、公演リハーサル中にシンディーを思いがけない事故が襲って・・




【プロデューサー あらすじ 4話5話6話 感想】

※ネタバレ含みます。

毎度巻き起こる大なり小なりのトラブルやハプニングにも、相変わらず挫けない頑張り屋なスンチャン。
そんな前向きで擦れたところのないスンチャンに、
次第に恋心を寄せるようになる歌手10年目、業界では大先輩のシンディー。
売れっ子歌手の自分をほとんど知らない、関心もさほどない人間なんて今まで出会った事がなく、
そんなスンチャンが新鮮に映ったようで。
あれ?こんなはずじゃなかったのにな…(^^;なんて、途中から自身の?計算”が狂って来た?!
なんてシンディーの心の声が、聞こえてきそうな気がしてなりません。
ただ、これまで勉強一筋(?!)(^?^;で来たであろうスンチャンは、
良くも悪くも世間をあまり知らないかもしれないので、
女性を?見る目”や女心もまだ発展途上&お勉強中の真っ只中...と言えるのかもしれません。
一方、予想外の事態にテンパり、思わず後輩のスンチャンに当たってしまったり、
ジュンモの番組を成功させたい…(!)という仕事熱心なところは大いに結構...だけど、
イェジンへのイマイチ煮え切らない態度や後輩への八つ当たり...?はいただけないかな(^3^;
スンチャンとシンディーは、「一泊二日」ロケ中に距離を縮めた…かと思いきや、
ふとした時に見せる弱い面など、スンチャンはイェジンの意外なギャップ&一面に惹かれ始めている様子。
回を重ねるごとに、どこからともなく沸いて出てくるトラブルにも動じず、
意外な男らしさを発揮するスンチャン。
相手への気遣い、優しさ…など、男っぷりをどんどん上げていくいくようにも感じます。

さあ、プロデューサー あらすじ 7話8話9話は・・・
予期せぬ事故に見舞われたシンディーの容体は・・・!?
イェジンへの揺れ動くスンチャンの女心...ならぬ男心の行方は・・・?

乞うご期待!

スポンサーリンク



【PR】女性向け即日キャッシング「みーちゃんのキャッシング講座」

posted by 韓国ドラマの館 at 19:49 | 東京 ☀ | プロデューサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】女性向け即日キャッシング「みーちゃんのキャッシング講座」