スポンサードリンク
スポンサードリンク

2015年08月25日

韓国ドラマ-鄭道伝(チョン・ドジョン)-あらすじ全話一覧

韓国ドラマ-鄭道伝(チョン・ドジョン)-あらすじ全話一覧

高麗末期の乱世の時代に易姓革命を成し遂げ、朝鮮王朝初期の政治家・鄭道伝(チョン・ドジョン)の波乱万丈な生涯を描いた韓国ドラマ!


【鄭道伝(チョン・ドジョン) あらすじ概要】

高麗後期、恭愍(コンミン)王の時代、王妃・魯国大長公主を亡くした悲しみで、恭愍王は政治に関心を失くしていた。
高麗が次第に没落いていく中で、成均館の末端官職であった鄭道伝(チョン・ドジョン)は民意心を察して国を統治するようと、恭愍王に上訴を提出する。
しかし、高麗の実力者であるイ・イニムが、恭愍王が読む前に上訴を横取りする。さらに恭愍王の跡継ぎが、賎出出身であるという噂を流そうとして…

鄭道伝(チョン・ドジョン)を含む成均館の儒生たちは、高麗の未来のために命がけで、高麗の腐った権門勢力に立ち向かっていく…


【鄭道伝(チョン・ドジョン) 番組紹介】

14世紀後半、高麗… ?権力は略奪の術として使われ、腐敗した朝廷には奸臣の勧酒歌で賑わっていた。

外敵は高麗を侵犯し、少しの希望もないと思ったその時...
高尚に生きることの意味を、泰山のように高く、重要だと考える若者たちがいました。?乱世を治めて天下の道を立てることが、自分たちの役目だと信じた高麗の若い血... 後世に新進士大夫と呼ばれるようされている成均館の学士だった。
鄭道伝(チョン・ドジョン)も、成均館の学士の一人だった。学問、性理学の理念をもとに、地に堕ちた基盤をすぐに立て直そうと努力したが、恭愍王(コンミン王)が殺害され、実権を掌握した李仁任(イ・イニム)によって、最南端の貴陽に行くことになる。

十年にもわたる流刑と流浪生活... ?鄭道伝(チョン・ドジョン)は絶望の末に自分の歴史的使命を見つけ、すぐに易姓革命を行う。鄭道伝(チョン・ドジョン)は民の尊敬を一身に受けていた武将・李成桂に会いに行く。?この歴史的な出会いが朝鮮の建国につながった。???? ?鄭道伝(チョン・ドジョン)は、単なる革命家ではなく、緻密な計画とビジョンを持って、新しい文明を作った建築家であり、創作者であった。?朝鮮建国以後「朝鮮経国典」と「経済文鑑」など、数多くの労作を通じて、宰相を政治の根幹とする中央集権体制の基盤を確立する一方、漢陽遷都、兵士廃止などの改革を推進して、新しい王朝の基礎を固めていった。?しかし、王権強化を主張していた政敵である李芳遠の剣に悲運の死を迎えることになる。

朝鮮の建国者でありながら、逆賊という汚名を被って死んだ鄭道伝(チョン・ドジョン)... ?しかし、彼の哲学思想は引き継がれ、生き残った朝鮮王朝500年を支える力になった。

朝鮮の英雄・鄭道伝(チョン・ドジョン)の波乱万丈な生涯が今ドラマで繰り広げられる。


韓国での最高視聴率は19.8%!!


◆鄭道伝(チョン・ドジョン) あらすじ全話一覧 はこちら◆
   ↓   ↓   ↓   ↓続きを読む

【PR】女性向け即日キャッシング「みーちゃんのキャッシング講座」

posted by 韓国ドラマの館 at 21:28 | 東京 ☀ | 全話一覧-鄭道伝(チョン・ドジョン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】女性向け即日キャッシング「みーちゃんのキャッシング講座」