スポンサードリンク
スポンサードリンク

2015年09月28日

韓国ドラマ-グッドドクター-あらすじ全話一覧-相関図もキャストもこちら

韓国ドラマ-グッドドクター-あらすじ全話一覧-相関図もキャストもこちら


子供たちの未来のため、そして家族の幸せのため、孤軍奮闘する小児外科医者たちの世界を描いた韓国ドラマ


【グッドドクター あらすじ概要】

自閉症のパク・シオンは、天才的な空間認識能力と暗記能力を持つサヴァン症候群で、外科医を目指している。
シオンは、レジデントとして病院で働くために、生まれて初めてソウル列車に乗る。
さが、到着した駅で、予期せぬ事故により、大怪我をした子供を発見する。
シオンは、応急処置を手伝うが、そのことで病院との約束の時間に遅れてしまう。
そのころ、ソンウォン大学病院の院長チェ・ウソクは、
自閉症を持つ医師など受け入れることが出来ないという取締役会の反対に、
自らの院長の座を賭けて、シオンを半年の一時採用をしてはどうかと提案するが…


【グッドドクター 番組紹介】

多くの人々が「小児外科」が、別で存在するという事実を知らない。
しかし、小児外科はずっと存在していて、黙々と自分の道を進んでいる。
ボールペンくらいの超極小の未熟児の手術、母のお腹の中にいる胎児の手術など…
我々の知らないすごい医術が、小児外科で行われている。
「グッドドクター」は、透徹な使命感で、幼い命たちを救っている小児外科医者たちの
世界を取り上げ、彼らの苦悩と痛みを扱った韓国ドラマだ。
それと共に、不合理な医療保険形態、利益だけを追求する病院の経営によって、
劣悪な小児外科の現実も容赦なく見せてくれる。
また簡単な治療ではなく、子供たちの未来を背負う医者たちの活躍を通じて、
大人たちが、子供たちのためにやらなければいけないこととは何かを問う。
小児外科病棟の子供たちは、我々全ての人たちの子供で、甥であり、姪であり、兄弟だ。
「グッドドクター」は、ドラマを通じて、子供たちの平癒と未来、健康な生活を念願する。

障害者に対して、同情と憐憫の視線ではなく、同感と共感で見つめる
障害者ドキュメンタリーではなく、ドラマとして見るのは気まずく思う一部の視聴者がいる。
そして、そんな視聴者たちは、かっこよく、きれいな主人公が出演することを期待する。
「見ていて気まずい」ということは、ドラマでは美しいものだけを見たいと言うことだ。
ドラマではなく、現実では、障害者たちを同情と憐憫の対象としてしか見ない。
それでは障害者は、美しくなく、気まずい対象なのか?憐憫と同情の対象か?

障害の中で、自閉症ほど、偏見と間違った知識を持っているものはない。
映画「マラソン」のチョウォンの話し方、不安定な手の動き、低能、社会不適応、
そして、不治の病…「自閉」というと、一般の人が決まって思い浮かぶ特徴だ。
しかし、自閉は、本当に様々な症状とパターンが存在し、
ケースによって差はあるものの、治療も可能な障害だ。
治療後、社会人としての活動も可能だ。
障害に対しての偏見と間違った知識は、彼らを障害者としての烙印を押すことと同義だ。
このような烙印は、彼らを理解することではなく、漠然な同情と憐憫に固まる。
「グッドドクター」は、障害者たちもまた、健常者と同じく、感情や夢を持った存在で、
むしろ、我々に響きを与えられる「美しい」存在であることを示してくれる。
それを通じて、彼らに必要なものは同情や憐憫ではなく、同感と共感であり、
社会人として認めることである、ということである。


韓国での最高視聴率は21.5%!!


◆グッドドクター あらすじ全話一覧 相関図もキャストもこちら◆
   ↓   ↓   ↓   ↓続きを読む

【PR】女性向け即日キャッシング「みーちゃんのキャッシング講座」

posted by 韓国ドラマの館 at 19:20 | 東京 ☀ | 全話一覧-グッドドクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【PR】女性向け即日キャッシング「みーちゃんのキャッシング講座」